帯状疱疹は何科を受診したらいいの|前兆はあるの・なにが原因なの?

 

帯状疱疹の原因とは

帯状疱疹は、体の左右どちらかの神経に沿って、神経痛を伴う水疱が帯状にのできる皮膚の病気です。

原因はヘルペスウイルスの一種の水痘帯状疱疹ウイルスで、水ぼうそうにかかったことのある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があるそうです。

水痘帯状疱疹ウイルスは、水ぼうそうが治っても体の中に神経節に潜伏しているそうで、加齢や病気、疲れ、ストレスなどで抵抗力が弱くなると、線形説に潜んでいた水痘帯状疱疹ウイルスが活動を再開して帯状疱疹を発症します。

 

広告

帯状疱疹の前兆

帯状疱疹の前兆として皮膚の痛みなど様々な症状が起こります。

皮膚に赤い斑点が現れる数日から1週間ほど前から、皮膚の違和感やピリピリ、チクチクとした痛みなどの神経痛があらわれます。

その後、強い痛みを伴い体の片側の神経に沿って帯状に赤い斑点があらわれ、帯状疱疹を発症します。

 

帯状疱疹の症状

帯状疱疹は、60代を中心に50~70代に多いですが、疲労やストレスで若い人に発症することもあるそうです。

肋間神経のある胸から背にかけて最も多く発症するそうで、半数以上は上半身に起こるそうです。

はじめは皮膚の痛みやかゆみの症状が起こり、その後、神経に沿って帯状に赤い斑点があらわれ、発疹ができた部分に水ぶくれができ、ただれたり潰瘍のようになったりします。

顔面に発症することもあり、角膜炎や結膜炎、耳鳴りや難聴、顔面神経麻痺などの合併症を起こすこともあるそうです。

重症になると、全身の皮膚に水痘のような皮疹が生じることもあるそうです。

 

広告

帯状疱疹の後遺症

帯状疱疹の皮疹が治っても、数ヶ月から数年に渡り頑固な痛みが続く帯状疱疹後神経痛が起こる場合があります。

焼けるような、締め付けるような、持続性に痛み、ズキンズキンするうずくような痛みなどが混在し、軽く触れるだけでも痛む場合もあるそうです。

症状が強い場合や長く続く場合には、ペインクリニックなどの専門的な治療が必要になることもあるそうですよ。

 

帯状疱疹は何科を受診したらいいの

皮膚の違和感やピリピリ、チクチクとした痛みなどの前兆が現れた場合は、かかりつけ医に相談するか皮膚科を受診しましょう。

治療は抗ウイルス薬を中心に行われます。

抗ヘルペス薬は、ウイルスの増殖を抑え急性期の皮膚症状や痛みなどを和らげ、治るまでの期間を短縮するそうで、合併症や後遺症を抑えることも期待できるそうです。

通常は内服だそうですが、重症の場合は入院して抗ウイルス薬を点滴するそうです。

皮膚にできた水疱やびらん、潰瘍には、適切な軟膏処置を行い、必要に応じて消炎鎮痛剤を併用したり、痛みに対して神経ブロック治療を行うこともあるそうです。

症状を自覚したら、早急にかかりつけ医や皮膚科を受診しましょう。

 

帯状疱疹は人にうつるの?

帯状疱疹としては周囲の人にうつすことはないそうですが、水ぼうそうにかかったことのない人や乳幼児に、水ぼうそうとしてうつす場合があるので、軟膏を塗布してガーゼで覆い、患部にらないようにして、感染対策をしっかり行いましょう。

また、疲労やストレスが原因となり免疫力が低下した場合に発症するので、十分な睡眠と栄養を摂りストレスをためないよう注意しましょう。

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

参考になったらシェアしてくださいね!