もしかしてオーラルフレイルかも?

 

オーラルフレイルってどんな病気?

オーラルフレイルとは、噛んだり、飲み込んだり、話したりするための口腔機能が衰えることです。

オーラル=口腔、フレイル=虚弱を意味し、老化の始まりのサインとして注目され、心身の活力が低下し要介護へ移行する中間の状態だそうです。

最近「滑舌が悪くなった」「食べこぼしたり、むせたりするようになった」など、口の衰えが気になるという人は、オーラルフレイルのサインかも知れません。

オーラルフレイルは、身体全体や精神的・社会的な面も含め健康に大きな影響があり、介護や寝たきり状態への進行を早め、死亡リスクを高める重大な原因になります。

 

口の大切な役割

口は健康を維持するために大切な役割を果たしています。

口は食べ物を噛んで飲み込む栄養摂取の入り口であり、人と会話しコミュニケーションを図る役割があります。

口腔機能が低下すると、うまく噛めなかったり、咀嚼できなかったりして食事の量や食欲が減少し、栄養不足になり身体が弱ってしまいます。

また、滑舌が悪くなると会話がスムーズにできなくなってしまい、外出や人との関わりがおっくうになり、社会との関わりが薄れ行動意欲も低下し、運動量が減少し精神的にも社会的にも支障をきたしてしまいます。

 

口腔機能低下のサイクル

オーラルフレイルは、加齢などにより「噛む」「飲み込む」「話す」などの口腔機能が衰え、食べこぼしやむせ、固いものが噛みにくい、滑舌の悪化、口の中が乾くなどの症状が現れます。

噛む力が衰えて「うまく噛めな」と、柔らかいものばかりを食べるようになり、噛むために必要な筋力が低下し咀嚼機能がさらに低下してしまいます。

一度噛む力が衰えると、さらに口腔機能が低下する悪循環に陥りやすくなります。

その結果、唾液の分泌が低下し、虫歯、歯周病が進行してしまい口臭もひどくなります。

食欲も低下しサルコペニアや低栄養などで全身の機能の低下し、要介護状態になる可能性もあります。

 

オーラルフレイルの自己チェック

オーラルフレイルは早めに異変に気づき、適切に対応することで予防・改善することができます。

オーラルフレイルのチェックポイントを紹介しますので、自己チェックしてみてください。

オーラルフレイル セルフチェック
質問項目 は い いいえ
半年前と比べて硬い物が食べにくくなった 2点 0点
お茶や汁物でむせることがある 2点 0点
義歯を使用している 2点 0点
口の渇きが気になる 1点 0点
半年前と比べて外出の頻度が少なくなった 1点 0点
さきいか・たくあんくらいの硬さの物がかめる 0点 1点
1日に2回以上は葉を磨く 0点 1点
1年に1回以上は歯科医院を受診している 0点 1点

合計の点数
0~2点・・・危険性低い
  3点・・・危険性あり
  4点・・・危険性高い

合計が4点以上の場合はオーラルフレイルの危険性があるので、外出の機会を増やして社会的な活動や、適度な運動などで快活な生活を送りましょう。

また、定期的に歯科を受診し口腔ケアの指導などを受けて、口の中を清潔に保ち口の健康に努めましょう。

 

オーラルフレイルの予防と対策

オーラルフレイルの予防と対策のポイントは、口や舌などの口周辺の筋肉を鍛えることです。

舌圧訓練

むせやすい人に特に有効です。

① 舌を左頬の内側に強く押し付ける

② 自分の指で口の中の舌先を頬の上から押さえる

③ それに抵抗するように舌を頬の内側にゆっくり10回押し付ける

④ 右頬でも同じことを繰り返す

口の開閉と舌のストレッチ

① 「ア」の初イオンのようにゆっくり大きく口を開ける

② しっかり口を閉じて口の両端に力を入れながら、舌を上あごに押し付けるようにして奥歯を噛みしめる

口輪筋の運動

① 頬をふくらませて、舌を上あごに押し付けて、口から息が漏れないようにこらえる

② 息を吸うように口をすぼめる

 

気づきにくいオーラルフレイル

食べこぼしやむせ、固いものが噛みにくいなどは自分で意識できますが、滑舌の悪さは自分では意識できない場合が多く、人に指摘されて初めて意識することが多いので、家族や周りの人が気づくことが重要です。

オーラルフレイルの自己チェックを行い、声に出して本を読んだり、カラオケやボランティアなどで、楽しく会話したり体を動かして社会と関わり健康寿命をのばしましょう。

また歯や口を清潔に保つために、かかりつけの歯科医を持って定期的に清掃と検診を受けましょう!

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

良かったらシェアしてくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。