飲むだけじゃない! 炭酸水の効果的な活用術

 

いろんな場面で使える炭酸パワー

無糖の炭酸水は飲むだけじゃなく料理にも活用できます。

炭酸ガスの泡は食材をふわふわの食感したり、味が食材に染み込みやすくなったり、肌の血行を良くして新陳代謝がアップする効果があります。

もちろん胃腸や腸の働きを活発にして消化吸収が促進されたり、便秘が解消されたりする効果もあります。

そんな炭酸のパワーを紹介します。

 

疲れて食欲がないときに

食事をする前に冷たい炭酸水をコップ1杯飲むと、1分ほどで胃腸が活発になり食欲が湧いてきます。

また、食事の前に常温で300~500ミリリットルほど飲むと、満腹中枢が刺激されて満腹になりますので、食べすぎの防止になりダイエットにもオススメです。

 

熱中症予防にもオススメ!

炭酸水は胃腸を活発にするので、真水より早く水分が吸収されるので、こまめに飲んで熱中症を予防しましょう。

ただし、熱中症かなと思ったら病院で診てもらいましょう。

夏バテで食欲が無いときにもオススメです。

 

便秘の解消のもオススメ!

朝起きたら冷たい炭酸水をコップ1杯飲みましょう。

胃腸が刺激されて活発になるので、便品の予防や解消にいいですよ。

腸内環境が改善されるとお肌にもいいですよ。

 

仕事の合間の一息に!

炭酸水を飲むとシュワシュワの炭酸ガスが喉の奥を刺激します。

この爽快感が脳に届くと、心がリラックスモードになるので、疲れた仕事の合間のひとときにオススメです。

運動の後の疲労回復にもオススメです。

 

炭酸水を飲み過ぎると「炭酸酔い」になっちゃうよ!

今まで紹介したように、炭酸水にはいろいろな効果が期待できますが、お腹の弱い人や胸焼けしやすい人、逆流性食道炎の人などはあまり冷やさず、常温で飲み好きには注意しましょう。

また、一度に1.5リットル以上飲むと血中の炭酸ガスが増えすぎて、酔っ払ったような状態になる「炭酸酔い」の状態になることがあるので、の無料は500ミリリットルまでにしたほうがいいですよ。

 

 

 

炭酸水の飲み過ぎには注意して、炭酸パワーを実感してみてください。

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

良かったらシェアしてくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。