花粉症対策はいつから?|飛散時期を知って早めに予防して乗り切ろう!

 

花粉の飛散時期

日本気象協会によると、今年のスギ花粉の飛散開始時期は例年並みかやや早くなりそうだそうで、2月上旬に九州や四国、東海、関東地方の一部からスタートすると予想しています。

近畿、長野、北陸、東北は、例年並みか少し早く花粉が飛び始めるところがあるそうです。

 

広告

飛散量のピークはいつごろ?

一般的な飛散時期は2月~5月上旬で、スギ花粉は3月、ヒノキ花粉は4月に飛散量のピークを迎えます。

今年の春の飛散量は例年より少ない見込みで、九州では非常に少な異様ですが、東北北部と北海道ではやや多い見通しだそうですよ。

北海道と青森は去年より非常に多くなるそうですが、去年は例年に比べて非常に少なかったためで、例年よりやや多くなる程度だそうです。

 

花粉が多く飛散する日は?

東京都が発行している「花粉症一口メモ 2020版」によると、以下のような日に花粉が多く飛散するそうです。

 

① 最高気温が高めの日

② 雨の日の翌日で天気がよい日

③ 風が強く晴天で乾燥した日

 

特に春一番のような暖かい南風がふく、気温の高い日は花粉が多く飛散するので特に注意しましょう。

 

広告

花粉症を予防するためのポイント

花粉症を予防するためのポイントは、できるだけ花粉を体内に取り込まないことです。

 

花粉飛散シーズン中は以下を実践して予防しましょう。

 

① 毎日の手洗い、うがいを欠かさない

② 外出時はマスクやメガネを着用する

③ 帰宅したら玄関前で、洋服や髪についた花粉を払い落とす

④ 洗濯物はできるだけ室内に干す

 

症状を悪化させないための心得

花粉症の症状を悪化させないための生活の心得を紹介します。

◆風邪を引かないこと

風邪を引くと粘膜の上皮が弱くなり、症状がひどくなることがあります。

 

◆お酒の飲み過ぎに注意

お酒を飲みすぎると、鼻詰まりを悪化させる可能性があります。

 

◆タバコの吸い過ぎに注意

タバコを吸いすぎると、鼻の粘膜を傷つけます。

 

◆バランスの良い食生活を心がける

寝不足や過労に注意し、バランスのよう食生活を心がけ規則正しい生活をおくりましょう。

 

ペットの花粉症にも気をつけて!

人間と同じように、イヌやネコの花粉症にも気をつけましょう。

イヌやネコには花粉症という概念はないそうですが、花粉によるアレルギー症状はあります。

症状は「かゆみ」で、顔や皮膚が赤くなったり、普段より体をかく仕草が多いときは花粉症かもしれません。

人は春に花粉症になるイメージが強いですが、イヌやネコは秋にも花粉症になることがあるそうです。

高額ですがペット専用のアレルゲン検査があるそうです。

一般的には抗ヒスタミン剤やステロイドなどの飲み薬で対処しますが、人間用の飲み薬はペットに対して安全性が確立していないものもあるので、動物病院で獣医師さんに相談してください。

予防法としては、花粉の飛散量が多くなる時期は散歩の時間を短くしたり、散歩を控えるようにし、散歩から帰ったらタオルなどで体を拭き、体についた花粉を落としてあげましょう。

また、空気清浄機などで部屋の空気を清潔に保つことも効果的ですよ。

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

 

参考になったらシェアしてくださいね!