北海道の大スター! 大泉洋の2019年出演作

 

大泉洋って北海道の大スターなの?

道民以外の人は、大スタートってホントなの?と思うかもしれませんが、北海道で大泉洋さんを知らない人はほぼいないと思います。

2016年3月に行ったアンケート「北海道出身の芸能人といえば」では、1位は松山千春、2位は北島三郎で、3位が大泉洋だったそうです。

やっぱ大スタートですね。

大泉洋さん主演の「ノーサイド・ゲーム」が、7月7日(日)から始まり、視聴率は第1話が13.5%、第2話は11.8%と評判は悪くないようですね。

私は23歳頃から横浜や東京で生活していたので、北海道で人気になっていたことは全然知りませんでした。

たまに北海道に帰省したときに名前を耳にするようになり、そのうち東京でも名前を聞くようになり、東京に進出して頑張っているんだなと思っていはいましたが、あまりキャラクター的には好きなタイプではなかったので、こんなに幅広く活躍するとは正直思っていませんでした。

大泉さんは江別市生まれで、北海道テレビ制作の「水曜どうでしょう」出演をきっかけに大ブレークしたそうです。

「水曜どうでしょう」は帰省したときによく見ていて、確かに面白かったですよ。

2014年には道庁から「北海道特別『福』知事」に任命されたそうです。

北海道は昨年、北海道と命名されて150年を迎え、これを記念して北海道新聞社と北海道大学が共同で世論調査した結果、大泉洋さんがなんとベストテン入りを果たしました。

世論調査の中で、北海道命名からの150年で「最も功績があった」人という質問で、北海道開拓に尽力した政治家の黒田清隆が10位、札幌農学校で学んだ教育者・新渡戸稲造は11位、なんと大泉洋さんは9位で多くの道民も驚いたそうです。

やっぱり北海道民にとっては大スターですね。

 

広告

北海道が生んだスーパー演劇ユニット「TEAM NACS」

大泉洋さんが所属している「TEAM NACS」は、1996年に北海学園大学演劇研究会のメンバーだった森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真の5人で結成された演劇ユニットです。

卒業とともに解散したすうですが、東京の会社を辞めた森崎さんの呼びかけで再結成されたそうです。

NACSの由来は「North Actors Club Special」の頭文字からきている事になっているそうですが、実はリーダーの森崎さんが大学時代の芝居のセリフで「ノックス」と名前を大きな声で力を込めて呼んだところ、「ナックス」にしか聞こえず、バカにする意味で、変わり者で演劇研究会の中でも異彩を放っていた5人をナックスと呼んでいたことからきているそうです。

今や全員が売れっ子になり、日本一チケットのとれない劇団と言われているそうで、全員がそろうのは、北海道のローカルバラエティー「ハナタレナックス」(HTB)で、2015年からは年1回、特別編が全国ネットで放送されています。

森崎博之(もりさき ひろゆき)
北海道東川町出身。リーダー。血液型:O型。身長:178cm。二男一女の父。

安田顕(やすだ けん)
北海道室蘭市出身。サブリーダー。血液型:A型。身長:174cm。一女の父。

戸次重幸(とつぎ しげゆき 、本名:佐藤重幸(さとう しげゆき))
北海道札幌市西区(現:手稲区)出身。血液型:O型。身長:173cm。既婚。一男の父。

大泉洋(おおいずみ よう)
北海道江別市出身。血液型:B型。身長:178cm、体重:69kg。既婚。一女の父。

音尾琢真(おとお たくま)
北海道旭川市出身。血液型:O型。身長:170cm。既婚。一女の父。

 

大泉洋の2019年出演ドラマ

大泉洋さんの2019年出演ドラマといえば、TBSの日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」が話題ですね。

第3話では、監督も決まり新たな一歩を踏み出そたアストロズでしたが、赤字続きのラグビー部門の収益を上げるため観客数を増やそうと奮闘し、ラグビー協会(日本蹴球協会)の各チームがGMが集まる会議で収益向上のために知恵を出し合おうと提案するが、協会専務理事の木戸に一蹴されてしまいます。

君島は追加予算を獲得すべく役員会議で滝川常務と対決するなか、柴門監督のもと過酷で高度な練習をする選手に、ファンを増やすためのボランティア活動をさせますが、選手たちはイライラを募らせ、特にキャプテンの岸和田はなんとかチームをまとめようとがんばりますが、心身とも披露し練習中に怪我をしてしまいます。

病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・雄太とその母親に出会います。

その病気の息子を持つ母親役にホラン千秋さんのゲスト出演が決まったそうで。

TBSのドラマに出演するのは「砂の塔~知りすぎた隣人」以来だそうで、今回演じるのは重い病気を抱えた少年・雄太の母親やくだそうです。

アストロズの選手たちの言動が雄太の心をゆさぶり、そのことで彼女がアストロズに影響を与えるという重要な役どころだそうで、ドラマ屈指の感動シーンは必見だそうですよ。

7月28日(日)の第3話も見逃せませんね!!

 

広告

大泉洋 出演映画

大泉洋さんの出演映画ですが40本以上出演しているそうですよ。

1996年の「ガメラ2 レギオン襲来」にも地下鉄の乗客役で出ていたそうですが、事務所の社長のミスでエンドロールのクレジットには名前が表記されていなかったそうです。

 

「千と千尋の神隠し」にも番台蛙役で出演しています。

「釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ!」や「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男役、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」にも出演しているんですね。

2011年9月10日公開の「探偵はBARにいる」では主演の探偵役で「第35回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞」を受賞しています。

その他にも

2014年 第6回TAMA映画賞 最優秀男優賞(『青天の霹靂』『清須会議』

2015年 第9回ベストフォーマリスト賞
第39回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(『駆込み女と駆出し男』
第58回ブルーリボン賞 主演男優賞(『駆込み女と駆出し男』

2017年 第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(『探偵はBARにいる3』

2018年 第23回日本インターネット映画大賞 日本映画主演男優賞
    『恋は雨上がりのように』
    『焼肉ドラゴン』
    『パパはわるものチャンピオン』
    『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

2018年は、4作品に出演し異なる役柄を見事に演じ切り、2013年以来5年ぶり2度目の主演男優賞を受賞しています。

2019年は、北海道映画シリーズ第三弾「そらのレストラン」が公開され、

とてもあたたかくて優しくて、涙が出るほど感動したという感想が多く評判良かったですね。

 

大泉洋の結婚秘話3部作が面白い

大泉洋さんは、2009年5月2日にフジテレビのドラマプロデューサー中島久美子さんと入籍されたそうですが、この結婚秘話3部作が7月5日に放送された「ぴったんこカン・カン」で遂に完結しました。

第一部は「一番最初は娘さんを私にくださいっていう話」だそうで、大泉さんは「仲居さんがいなくなった瞬間にパッと見て娘さんを僕にくださいって…。早口で言ってしまった」そうです。

 

第二部がいよいよ入籍編で、

「入籍をしたということはバレるんです!」と事務所のスタッフに力説され、羽田空港や東京の自宅で警戒しながら移動したが、結局誰も来なかったそうです。

 

結婚3部作の最後は結婚式

「事務所がですね、性懲りもなく『結婚式を挙げるってことは絶対バレる』っていう」ことで、結婚式をマスコミに撮られないよう、再び厳戒態勢で準備を進めたそうです。

式を挙げる時間帯も、前後の挙式の人たちと鉢合わせしないように、日中ではなく早朝にやるよう言われたそうで、「ウチの妻なんか朝3時くらいから準備ですよ」と当時を振り返ったそうです。

「マネジャーが、われわれが完璧に最初に入ってガードしてますって。マスコミが嗅ぎつけてもわれわれがちゃんと鎮圧しますから」と言われたが、大泉さんは「札幌にマスコミは来ない」と言ったそうですが、本人の意見をよそに再び厳戒体制が敷かれたそうです。

マネジャーの車で神社に向かっている時に、別のマネジャーから「大泉さん完璧にバレてます」「すごい人がたくさん神社に集まってます、完璧にバレてます」と一報が入ったそうです。

「マジかってちょっとうれしいくらいですよ。遂に俺の結婚式がマスコミに嗅ぎつけられていっぱいいるって言うんですよ」と、一瞬喜んだそうですが、

再び、そのマネジャーから電話が入り「先ほどのですね、マスコミがぶわっといて大変だと思ってたんですが、すみませんラジオ体操に来てたおじいちゃんたちでした」という報告に、「マスコミとラジオ体操のおじいちゃんの区別もつかんのかと。今どういう状況か」と聞いたら「今終わって誰もいません普通に入ってください」とマネジャーとのやりとりを明かしたそうです。

大泉さんは、マスコミと間違えたマネジャーに、分からんかと相当叱責したそうですけど、安住アナは「いやー聞いちゃった聞いちゃった3部作!」と喜び、「3部作にありがちな1部目が一番面白かったな」と辛口のコメントをしたそうです。

SNS上では「3部作出たー!笑った」「落語になりそうなほどの面白い話」などの投稿が寄せられたそうですよ。

大泉洋さん話は面白いですけど、安住アナとのやり取りも面白いですね。

 

大泉洋 映画「新解釈・三國志」に主演決定

大泉洋さんが、コメディ界屈指のヒットメーカーとして知られる福田雄一監督のオリジナル脚本で製作される映画「新解釈・三國志」に主演が決定したそうですね。

大泉洋さんは劉備玄徳に扮し、2020年に公開予定で福田監督とのタッグは初めてだそうです。

福田監督は大泉洋さんのファンだそうで、「劉備玄徳を大泉洋さんがやらないんだったら、これはもう全然やる必要のないものだという感覚」だったとコメントしているそうで、大泉さんのスケジュールの調整がつくのに3年かかったそうです。

また、「『水曜どうでしょう』のノリの大泉さんが劉備玄徳をやるっていうのが僕の今回の一番のコンセプトです。ずっと愚痴と文句しか言ってない劉備玄徳。何ひとつ将軍っぽいこと言わないっていう。」とコンセプトを明かし、

「『三國志』ファンの方々がなんておっしゃるか不安ですが、あくまで『新解釈』と思っていただければ」と設定を説明しているそうです。

SNS上では「すでに面白い」「大好きな2人」「絶対観るしかない」といったコメントが続出中だそうですよ。

面白そうですね!!

良かったらシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。